中学生でもインビザラインは可能?

2021年11月24日 12:28

思春期と呼ばれる年齢になると、男女問わずに見た目や容姿が気になるのではないでしょうか。特にガタガタの歯並びの場合、歯並びの悪さを見られるのが恥ずかしくて笑顔に自信をもつことができないお年頃ではないかと思います。また既にワイヤー矯正を行っているお子さんの場合、装置が見えるのが恥ずかしいという年齢でもあり、ますます笑顔が少なくなってしまうかもしれません。

目立たない矯正治療として人気のインビザラインですが、中学生や高校生でもインビザラインで治療することは可能なのでしょうか。

インビザラインは何歳から可能?

従来のインビザラインでは、全て永久歯に生え変わってから治療を始めていました。またインビザラインでできる症例も、ワイヤーよりは少なく適応できる症例はそれほど多くありませんでした。

しかしインビザラインは日々改良を重ねられ、様々な年齢や症例に応じたシステムが提供され、それに伴いインビザラインを始められる年齢や症例も、実に幅広くなっています。

様々な改良を重ね、低年齢でもインビザラインでの治療が可能となりました。「インビザライン・ファースト」という、小さなお子さんのためのインビザラインシステムでは、乳歯と永久歯が混在する6~12歳くらいという年齢からインビザラインでの矯正治療が可能となっています。ただしインビザライン・ファーストは取り扱っている医院と取り扱っていない医院があるため、事前に確認が必要です。

また全て永久歯に生え変わっている場合、通常の大人が行うインビザラインで治療が可能です。大人と同じようにアライナーを交換しながら少しずつ歯並びと噛み合わせを整えていきますが、顎の骨や顔面の骨の成長に伴い、何度かiTeroによる型取りが必要になるケースも多く見られます。

中学生や高校生のインビザライン、注意すべきこととは?

中学生や高校生といった年齢は、自己管理が出来そうでなかなか難しいお年頃です。学校生活において、給食やお弁当を食べる際にアライナーを取り外しますが、食べ終わったあとにまた付けるのが面倒でつい外したままだった、という声を聞くことがよくあります。

また部活や試合などの最中にスポーツドリンクを飲むので、長時間外したまま過ごすことが多い、アライナーの交換をつい忘れてしまう・・・こういったことが起こりがちです。

インビザラインは1日20時間以上装着することにより、少しずつ歯を動かしていきます。ところがアライナーを外している時間が長くなると歯があまり動かず、治療計画通りに進んでいきません。最悪の場合、付け外しが面倒で途中で止めてしまった、ということにもなりかねません。

こういった年齢で気を付けたいのは虫歯や歯肉炎だけではなく、本人の自己管理です。まだ一人で完璧に自己管理が難しいお年頃でもあるため、ご家族の方の声かけなどが必須です。

せっかく始めたインビザラインが無駄にならないよう、ご家族の協力を得ながらしっかりと管理し、歯並びを治して楽しい学生生活を送りましょう。

 

当院のインビザラインについてはこちら

PAGE TOP

お問い合わせはこちら
アクセスはこちら
診療時間