痛みが少なく目立ちにくい
マウスピース矯正とは?

痛みが少なく目立ちにくいマウスピース矯正とは? 透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して、歯並びを矯正する方法です。一人ひとりの歯に合わせて作られる矯正装置を装着し、治療の段階にあわせて新しい装置に交換しながら、徐々に歯を動かしていきます。

公園通り歯科ホームページは、厚生労働省より通達され2018年6月1日より施行された医療広告ガイドラインに従い、症例写真は撮影したデータそのままを使用しています。
また、医療広告ガイドラインに従い治療の内容、費用、治療等の主なリスク、副作用についての詳細説明を付加しています。

メリット

  • ワイヤー矯正、部分矯正に比べ、目立ちにくい。
  • 食事や歯磨きのときに取り外せる。
  • 検査後、治療期間が決まる。
  • ワイヤー矯正、部分矯正に比べ、2~3ヶ月に1回と通院回数が少ない。

デメリット

  • 装着時は飲食の制限がある。

リスク・副作用

  • 自己判断で装着を怠った場合、装置があわなくなり再作製費用が追加でかかる場合がある。
  • 装置を紛失するリスクがある。
  • 口の中が乾く(と感じる)ことがある。

マウスピースと
他の矯正方法との違いは?

目立ちにくい

目立ちにくい 一番の魅力は、目立ちにくいこと。薄く透明に近い医療用プラスチック製なので、着けていることがほとんど分かりません。見た目たが気になる人や、人と接する機会が多い方にオススメの治療法です。

装置を外して食事ができる

装置を外して食事ができる 患者様が自分で取り外しができる矯正方法です。装置に食べ物がつまる心配もなく食事を楽しめます。また歯磨きなどお口の中のお手入れもいつも通りにできます。

痛みが少ない

痛みが少ない マウスピース型の矯正方法は金属を使わず、段階的に歯を移動させていきます。いわゆる従来の矯正方法に比べると痛みが少なく、唇や口の中の粘膜を傷つける心配が ありません。また定期的に装置を交換していくので、矯正装置が「歯から外れてしまった!」「壊れた!」といった緊急性のある事態が少ないことも魅力です。
※当院ではティップエッジという新しい治療法を採用し、従来に比べ痛みの少ないワイヤー矯正もご用意しています。

部分矯正ページはこちら

新しい装置に交換しながら治療

新しい装置に交換しながら治療 治療の段階にあわせて矯正装置を新しいものに交換しながら進めていきます。交換はご自身で行うので計画的に交換していくのを忘れないようにしましょう。

装着と交換を忘れないように

装着と交換を忘れないように 「きちんと計画に沿って装着し、時期が着たら交換する。」この点だけきちんと守って治療を行えば、自分で取り外しのできる自由度の高い矯正方法です。
しかし自己管理ができない人の場合は、治療期間が長引いてしまったり、計画通りに歯が移動できないといったデメリットが出てくる可能性があります。

マウスピース矯正の事例

前歯の歯並びが気になる

前歯の歯並びが気になる
年齢
30代
性別
女性
期間
約1年
費用
約45万円
  • リスク清掃不良による虫歯、痛みを伴うことがあります。

前から2番目の歯が中に入っています。左上の歯は、反対に噛んでいます。
歯を整えて並べるために、左上奥歯のスペースを使って、全体のバランスを整えながら、並べてゆきます。
インビザライン(マウスピース)で部分矯正をしますと、目立ちにくく、治療できます。
ご相談は、院長はじめ、スタッフにいつでもお気軽にお声かけください。

上下の前歯が出ている。下の歯がガタガタしている。

上下の前歯が出ている。下の歯がガタガタしている。
年齢
20代
性別
男性
期間
約1年6ヶ月
費用
約80万円
  • リスク清掃不良による虫歯、痛みを伴うことがあります。

上下の歯が前にでています。歯が前に傾いていますので、口元が少し出ているように見えます。
矯正後の歯並びでは、歯の傾きが改善されており、口元の突出感も改善できました。
インビザライン(マウスピース)で部分矯正をしますと、目立ちにくく、治療できます。
ご相談は、院長はじめ、スタッフにいつでもお気軽にお声かけください。

当院のマウスピース矯正なら…

iTero Element 5D(アイテロ エレメント5D)による光学スキャナー

iTero Element 5D(アイテロ エレメント5D)による光学スキャナー 次世代の光学スキャナーにより口腔内の精密な歯型を3Dデジタルデータとして取ることが出来ます。
従来の方法(シリコン印象)で作製するより、装着感がよくて、歯がスムーズに動くマウスピース(アライナー)ができます。

  • シリコン印象より快適、固まるまで待つ必要やシリコンの誤嚥の危険がなく、印象材で口の周り等が汚れる心配がないです
  • シリコン印象より精密な歯型が取れるので、再印象(型の取り直し)のリスクが少ないです
  • シリコン印象よりマウスピース(アライナー)作製期間が短いです
  • NIRI技術(近赤外光画像)で被ばくすることなくむし歯を発見しやすくなる機能があります

透明に近い素材で目立たない

透明に近い素材で目立たない 矯正器具(ブラケット・ワイヤー)などを使用せず、透明のマウスピースで矯正を行います。
治療中であることを周りの人に気づかれにくいです。

お口の中のお手入れがしやすい

お口の中のお手入れがしやすい 取り外しが可能なので、矯正中の歯磨きや食事も普段通り行えます。お口の中を健康な状態に保つことができます。

動画や画像で確認できる

動画や画像で確認できる 当院では、マウスピース矯正にインビザライン※というメーカーを採用しています。
そのため、治療の開始から完了までの歯の移動を、3次元治療計画ソフトを使って「治療計画を立てる段階で」確認することができます。

インビザラインとは?

インビザラインとは?
最新のデジタル技術を駆使し、患者様の治療計画にあわせたマウスピース作製の再現性と正確性に優れたマウスピース矯正システムです。メーカー独自の3次元治療計画ソフトウェアにより、完了までの期間や、歯の移動を画像や動画として視覚的に把握できる点も魅力。
マウスピース矯正は、取り外しができる反面、患者様一人ひとりの自己管理がとても大切になります。インビザラインなら治療計画を立てる段階で、完成形を確認しながら、目標に向かって治療を進めていけるので、「モチベーションを保ちやすい」という意味でも非常に効果的なシステムです。

インビザライン
インビザライン
インビザライン

インビザラインと他のマウスピース矯正の違い

インビザライン 他のマウスピース矯正
正確さ・再現性 精度が非常に高い。全世界の臨床データを下に高度な治療設計を作成できる 技工士によってばらつきが生じやすい
歯型の採取 最初の1回のみ 来院の度に毎回歯型を採取
適応範囲 多くのケースで対応可能 前歯の簡単な移動だけに限定
来院感覚 2~3ヶ月に1回通院 2週間~1ヶ月に1回通院
来院期間 検査の時点で治療期間が決まります 治療期間の予測が難しい
治療料金 定額制 定額制
治療途中の転院 全世界共通の患者番号があるので転院が容易です 医院ごとにシステム装置が変わるので転院先を探すのに苦労する

分割払いもできます

当院では、自費診療のお支払いに現金、ご自身のクレジットカードのほか、提携ローン利用による治療費の分割払いに対応しています。
また症例によって医療費控除の対象となることもあります。予算の都合で迷っていた方も、お気軽にご相談ください。

提携ローンの利用例

月々 16,900円(税込み)(初回のみ19,273円)

※インビザライン治療費90.2万円(税込み)
※提携ローンで5年払い(金利4.8%)とした場合
※保険適用外の自由診療となります。
※表示金額は標準的なものです。詳細内容については医院にお尋ね下さい。

医療費控除が適用される症例の場合

インビザライン治療費82万円(税別)
収入が330万~650万とした場合

計算方法:82万(治療費)- 10万(所得控除)= 72万
72万×20%(所得税※1)= 14.4万(医療費控除額)

上記シミュレーションが適用される症例の場合、医療費控除によって金利分相当の還付が期待できます。還付金の比率は所得に応じて異なります。
※1 所得税20%は、課税所得金額が330万~650万の税率です。詳しくは、国税庁の【所得税のしくみ】をご覧ください。

ご注意ください

当院では、新生銀行グループのアプラスパーソナルローンと提携しています。ローンのご利用には、ローン会社による所定の審査があります。
当院では、審査についてのお問い合わせにはお答えできません。医療費控除は治療目的に限ります。審美目的の場合は適応されません。
詳しくは、国税庁の【医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例 】をご覧ください。

治療の流れ

  1. 1カウンセリング・精密検査

    カウンセリング・精密検査 ほかの矯正方法と同じく初診時にカウンセリングを行います。
    マウスピース矯正治療を選ばれた方は、初診時に治療計画も作成します。
    口腔内写真、レントゲンや歯の型を撮ります。

  2. 2iTero Element 5D(光学印象装置によるスキャン)

    ペンライトほどの装置でお口の中をなぞりスキャニングします。精密な口腔内の状態がモニター表示されます。

  3. 3マウスピースを作ります

    患者様ひとりひとりにあったマウスピース(アライナー)を作成します。
    治療計画後、およそ3週間ほどで完成します。

  4. 4マウスピース矯正を始めます

    マウスピース矯正を始めます 患者様にマウスピースをお渡しして治療を始めます。
    毎日装着していただき、1~2週間ごとに新しいマウスピースを交換しながら治療を進めます。

  5. 5治療経過の確認

    約4~6週間ごとに通院していただきます。
    歯の移動の経過を確認しながら治療を進めていきます。

  6. 6治療終了

    治療終了 治療後は、移動した歯の位置を安定させるためにリテーナー(保定装置)を使用します。
    リテーナーは一日20時間。
    矯正した歯の位置が安定するまでの期間は、移動にかかった期間が目安になります。

よくあるご質問

矯正装置はどれくらい目立たないものですか?

じっくり歯を見られない限り、ほとんど気づかれることはないようです。

話すときに発音がおかしくなったりしませんか?

初めのうちは、多少発音しづらいこともあります。装着に慣れるとほとんどの方が問題なく過ごされているようです。

マウスピース矯正は本当に痛くないですか?

装着中は痛みはほとんどありません。もし痛みや違和感を覚えるとしたら着脱時です。
一定の位置まで歯を動かすため装着時には多少の圧迫感を感じます。反対に外すと移動するためにかかっていた力から解放されるので、自然と元の位置に戻ろうとする力が働きます。そのため外した直後に食事をすると、少し痛みや違和感を覚えることもあります。

虫歯や歯周病にかかっているかもしれませんが大丈夫ですか?

矯正治療に入る前に、虫歯や歯周病の治療を行います。虫歯に関しては、iTero element 5Dを用いることで人の目では確認しづらい初期虫歯を発見できます。
より安心してもらえるような矯正治療を行えるように環境を整えております。

奥歯がないのですが、マウスピース矯正できますか?

前歯だけの矯正でしたらマウスピース矯正ができます。
前歯だけであれば、マウスピース矯正のほかに短期間で済ませられる部分矯正もお選びいただける可能性があります。

1日何時間くらいつけていればいいですか?寝ているときは外してもいいですか?

原則として1日20-22時間は装着してください。治療のためには食事中以外は寝ているときも装着する必要があります。

接客業をしています。人前で話したりするときはできれば外したいのですが、例えば1日8時間程度外していても治療は成立しますか?
治療期間が長くなるとしたらどれくらい伸びるでしょうか?

治療は成立しますが、治療期間は2倍程延びてしまうと思います。

マウスピースを装着した状態で、スポーツをしても大丈夫ですか?

問題ありません。ワイヤー矯正よりも安全です。

マウスピースを装着したまま飲食はできますか?どうしても外出先で外せないときは、最初から外していったほうがいいですか?
1日外していたら、元に戻ってしまいますか?

装着したまま飲食はできません。また1日外していると、2~3日程度後戻りしてしまいます。

後戻りを防止するために矯正が終わっても保定装置が必要だと聞きました。
どれくらいの期間、1日あたりどれくらいつけておく必要がありますか?

保定する期間は、矯正の治療にかかった期間と同じ期間を目安にして下さい。

マウスピース矯正と普通のワイヤーを使った矯正だとどっちが後戻りしやすいですか?

後戻りのしやすさに差はありません。

オンライン診療予約 オンライン診療予約