マスクが臭い・・・これは何が原因?

2020年05月21日 23:23

コロナウィルスや花粉症などでマスクが手放せなくなっています。これまであまりマスクをしていなかった方でも、コロナの影響でマスクが手放せなくなったことでしょう。そこで気付くのが、マスクの中の自分の息の臭いではありませんか?マスクの中がなんだか臭いのは、口臭だけが原因でしょうか。

口臭の原因

普段は自分の息のニオイをあまり感じることはありません。ところがマスクの中の息の臭いに「自分ってこんなに息が臭かった??」とショックを受けた方もいらっしゃると思います。口臭はエチケット対策として常に気を付けておかなければいけませんが、マスクをしていて初めて気が付くこともあります。では口臭の原因は何が考えられるのでしょうか。

・生理的なもの・・・寝起きや緊張したときなど、唾液の分泌が少ない時

・飲食物や嗜好品によるもの・・・にんにく、コーヒー、タバコなど匂いのきついものを摂取したとき

・体の健康に問題がある場合・・・蓄膿症など鼻の疾患や消化器など内臓疾患によるもの

・ストレス・・・ストレスを感じることで唾液の分泌量が減少したとき

・口腔内の疾患・・・虫歯や歯周病、加齢などによるもの

・心理的要因・・・特に口臭の原因はないにもかかわらず、自分で口臭が強いと思い込んでいる場合

このように、ひとことで口臭と言ってもその原因は様々です。

 

口臭の大きな原因となる口腔内の疾患

様々な要因で起こる口臭ですが、中でも口腔内のトラブルは、口臭の原因のおよそ90%を占めていると言われています。その代表が、虫歯と歯周病です。

虫歯も歯周病も、口腔内のプラークが原因で引き起こされます。プラークはお口の中に残った食べかすに、口腔内の細菌が寄り付いて作り出した細菌の塊です。このプラークに虫歯菌や歯周病菌が棲みつき、トラブルを引き起こします。虫歯が小さい場合、それほど悪臭はしません。しかし虫歯が進行すると穴が開き、そこに食べかすが詰まることで臭いがし始めます。神経まで達した場合、強烈な臭いがします。

歯周病による口臭は、何とも言えない悪臭がします。症状が進行し、膿が溜まるとひどい口臭に悩まされるようになります。

これ以外でも、合っていない金属の被せ物や舌苔、入れ歯などの人工歯の衛生状態が悪いなど、お口の中のトラブルが口臭に繋がります。

口腔内を清潔にしておくことが口臭対策になります

お口の中のトラブルが原因の場合、症状に応じた治療を行うことである程度臭いは緩和されます。これに加え、トラブルのもととなるプラークを溜めないよう、定期的なクリーニングを受けることが、お口の中の環境を整えることになり、口臭対策にもなります。

まだまだマスク生活が続きますが、お口の健康を保つよう心がけましょう。

 

当院のホワイトエッセンスのクリーニングについてはこちら

以前治療した被せ物をキレイにしたい・・・!おすすめは?

2020年05月14日 08:47

保険適用で差し歯にした前歯は、年数が経つとともにだんだん黄ばんで変色してしまいます。これでは笑顔に自信をなくし、人前で笑うことが恥ずかしくなってしまうのではないでしょうか。このようなお悩みの改善には、以前治療した差し歯や被せ物を再度治療をすることで、笑顔に自信を取り戻すことが可能になります。ではどのような素材がお勧めなのでしょうか。

なぜ差し歯が変色する?

保険適用の差し歯は表側が白いレジン、裏側が金属でできています。レジンは樹脂のため使用しているうちに細かなキズがつき、水分や色素を吸収しやすくなってきます。そのため数年経つと、作製当初よりもずいぶん印象が変わってしまいます。わかりやすく言うと、プラスチックのコップに細かなキズがついて、そこに色素がついてしまうといった感じです。このように、保険適用の差し歯はレジンという素材上、どうしても汚れがつきやすく、変色の原因になってしまうのです。

内部の金属が露出して、歯ぐきが黒っぽく見えることも・・・

また保険適用の差し歯は金属が使用されているため、歯周病や加齢などによって歯ぐきが下がってくると、内部の金属が見えてしまいます。また溶けだした金属がイオン化して歯ぐきに黒ずみを生じさせるなど、年数が経つにつれて見た目に大きな影響を与えてしまいます。

なおレジンとセラミックを混ぜたハイブリッド(CAD/CAM)は金属が使われていないため黒ずみや金属の露出はありませんが、年数が経つと多少なりとも変色が見られます。

美しさと強度を兼ね備えたジルコニアセラミック

では以前治療した差し歯や被せ物を再治療する場合、どのような素材がおすすめなのでしょうか。できるなら、見た目だけでなく強度や耐久性をも兼ね備えた、長持ちする素材がいいと思われることと思います。このようなケースでは、自費治療のジルコニアセラミッククラウンが最も適しています。ジルコニアセラミックとは、セラミックにジルコニアの粒子を混ぜたもので、全てセラミックでできているオールセラミッククラウンよりも、強度において優れています。またセラミックの美しさも生かされ、目立つ前歯にはぴったりの素材と言えるでしょう。

同じ自費素材のメタルボンドは、外側は白く美しいセラミックですが、内側に金属を使用しているため若干黒っぽく見えてしまいます。自然な白さと耐久性を考慮するなら、やはりジルコニアセラミッククラウンがいちばんおすすめでしょう。

保険適用の差し歯はどうしても劣化してしまいます。自費治療は費用が高くなりますが、何度も保険治療を繰り返していると結局費用は変わらなくなり、何といっても再治療のたびに歯を削ることから、歯の寿命も心配になってしまいます。

以前治療した差し歯をもういちど治療するなら、自費の素材を視野に入れることをおすすめします。

 

当院の審美についてはこちら

1 / 11

PAGE TOP

お問い合わせはこちら
アクセスはこちら
診療時間