お口の周りもコリ?お口周りのマッサージでコリをほぐしましょう

2019年12月27日 07:18

口元は年齢を表す重要なパーツです。年齢を重ねるにつれ、法令線や口角の下がりなどが現れはじめることで、見た目にも影響が出てきます。またたるみや小じわなども口の周りに出やすくなります。これらはお口の周りの筋肉のコリがひとつの原因と考えられます。今回はお口周りのコリをほぐし、歯ぐきや頬の内側をマッサージすることでこのようなお悩みを改善する「オーラルリフレクソロジー」をご紹介いたします。

お口周りは筋肉がたくさん

「表情筋」や「口輪筋」「咀嚼筋」などという言葉をお聞きになったことはありませんか?お口の周りには表情筋や口輪筋をはじめとした筋肉がたくさんあり、それぞれ喜びや怒りを表したり咀嚼をするための働きをします。しかし年齢を重ねるにつれ、これらの筋肉が衰えたり重力が下がったりすることで、若いころのようなハリが保てなくなってきます。お肌のハリという意味では、水分をたくさん入れ、美容液などを使うことである程度保つことは可能です。しかし筋肉のたるみや歪みは化粧品では対応が難しく、違う角度からアプローチする必要があります。

また歯ぐきの血行が悪くなったり唾液の分泌が少なくなってしまうことも、加齢に伴う症状と言えます。このような症状の原因として、「口周りのコリ」があります。肩凝りじゃあるまいし、口周りが凝るなんてことある?とお思いかもしれませんが、お口の周りの筋肉は毎日動かしているため、気づかない間に筋肉が凝っているのです。

 

口周りの筋肉をほぐし、歯ぐきや内頬をマッサージすることで得る効果とは

上に挙げたような症状でお悩みの方にお勧めなのは、お口周りのコリをほぐし、歯ぐきの血流を良くする「オーラルスパ」と呼ばれているデンタルエステが効果的です。オーラルスパなどのデンタルエステを取り入れている歯科医院によりメニューは少しずつ異なりますが、ホワイトエッセンスには「オーラルリフレクソロジー」というメニューがあり、オールハンドで外側と内側からコリをほぐします。コリが強い部分をほぐされると少し痛みを感じるかもしれません。しかしこの痛みこそが「筋肉のコリ」なのです。また歯ぐきにはたくさんのツボがあり、ゆっくりゆっくりマッサージされることで血流が良くなります。血流が良くなると歯ぐきの色も良くなり、笑った時の笑顔がとても健康的に見えることでしょう。

そしてツボを刺激することで唾液の分泌を良くします。唾液は細菌を洗い流し、繁殖を抑える働きがあるため、虫歯や歯周病を予防する大切な働きがあります。

オーラルスパやオーラルリフレクソロジーを終えたあとは口周りがすっきりしたことを実感できることでしょう。お口周りのハリやたるみが気になる方は、いちど心地よい施術を受けてみられてはどうでしょうか。

 

ホワイトエッセンスのオーラルリフレクソロジーについてはこちら

 

心地よい歯石除去とは?

2019年12月23日 08:44

歯周病予防に欠かせない歯石除去は、あのチクチクとした独特の痛みや、超音波の振動が苦手という方も多いと思います。あの痛みがどうしても苦手で・・・といつの間にか通院を止めてしまう方も残念ながらまだまだいらっしゃるのが現状です。歯石除去は必ずしも痛いものなのでしょうか。

歯石除去が痛いと感じる理由

歯石は、プラークが石灰化して歯と歯の境目に固くこびりついたもので、ご自身では上手く取ることができません。市販の歯石除去用のスケーラーというものが販売されていますが、先端が尖っているため、誤って歯ぐきに触れると血が出てしまうため、ご自身で歯石を取るよりは、やはり歯科医院でプロの手によって取り除いてもらうのが安心・確実です。

この歯石を取り除く際の痛みは何が原因でしょうか。歯石があっても必ずしも出血するわけではありません。しかし、炎症により歯ぐきが腫れていると、痛みを感じてしまうのです。歯ぐきの腫れは、歯肉炎や歯周炎、つまり歯周病になっていることであり、歯周病による歯ぐきの炎症を抑えるためには、歯石除去が欠かせないのです。

歯周病の予防、改善、および進行の抑制には歯石除去が欠かせないのですが、歯石除去が痛いという理由で通院や定期検診を止めてしまうと、確実に歯周病が進行、悪化してしまうのです。

 

心地よい歯石除去とは?

歯の内部にこびりついている歯石は、ハンドスケーラーという手動器具を使って取り除き、痛みを感じる方がほとんどです。この施術はSRPと呼ばれており、歯周病が進行している方に向けた、いわば歯周病治療になる施術です。

いっぽう歯ぐきの健康を維持し、歯周病を予防するための予防治療による歯石除去は、歯の表面についた歯石を穏やかな振動で取り除いていきます。特にホワイトエッセンスのクリーニングメニューの中にある歯石除去は非常にソフトタッチで行われるため痛みをほとんど感じることがありません。歯石除去は本来、気持ちの良い施術なのです。歯ぐきが腫れている部分は若干痛みを感じることはありますが、無理やりに取り除くことはしないため、腫れている部分は微細な振動、力加減で行われます。

また歯の表面をペーストで磨き上げてツルツルにすることで、プラークを付きにくくします。また歯本来の色を取り戻すことができるため、口元を健康的に仕上げてくれます。舌のクリーニングも行われ、舌苔をキレイに取り除き、口臭の原因を取り除くなど、お口の中の健康を維持するためのメニューを一度に受けることができるため、継続的に通院できるのではないでしょうか。是非ホワイトエッセンスのクリーニングメニューを受けていただくことをお勧めします。

 

当院のホワイトエッセンスメニューについてはこちら

 

研修会

2019年12月18日 22:57

こんにちは、院長の河村です。本日も宮島先生の矯正勉強会に参加してきました。

不正咬合の根本的な原因が、出生1年以内の口と鼻の使い方にあることを、海外の文献をもとに学んできました。やはり、母乳哺育が、非常に重要だそうです。

赤ちゃんを半座位にして、鼻を塞がないで、母乳をあげることが、とても大切だそうです。

(寝かさないで、赤ちゃんを半座位にしておくのは、大切なのはわかりましたが、実際は、難しいかもしれませんね。完全母乳も、難しい場合もあるかもしれませんが・・・)

現在、悪い歯並びは、12歳から17歳の89%にでてきてしまうそうですので、程度の差はあっても、避けようのない問題かもしれませんね。

 

1 / 11

PAGE TOP

お問い合わせはこちら
アクセスはこちら
診療時間