トータルで口元を美しくするには?

2020年04月24日 06:01

 

 

 

 

 

 

人は案外欲張りなもので、ひとつ手に入れると、次もそしてその次も・・・となるものです。これはお口の中でも同じで、歯をホワイトニングで白く美しくしたら、次は銀歯も気になっていたから治したい、あと前歯の歯並びも・・・など、口元全体を美しくしたいと思う方も少なくはないと思います。今回は、トータルで口元を美しくすることによるメリットをご紹介しようと思います。

口もとの美しさに関するお悩みとは?

虫歯や歯周病ではないけれど、何となく歯が黄色い、歯並びが悪い、昔治療した銀歯が気になる・・・など、口元の美しさが気になる方が増えています。芸能人やモデル、アスリートなどの口元は皆歯列が整っており、歯も白く健康的で審美性が高い方がほとんどです。このような著名人の口元のように美しくしたいけれど、自分の口は欠点ばかり・・・。鏡に映る自分の口元を見てこのように思ったことはありませんか?よくある審美的なお悩みをまずご紹介しましょう。

・歯の色が黄色い、くすんでいる

・保険で治療をした差し歯が変色して汚くなってきた

・銀歯があるため口を大きく開けられない

・歯並びが気になる

このように、虫歯や歯周病といった病気ではないけれど、見た目が気になるというお声はよく聞かれます。

もし矯正、ホワイトニング、セラミック治療全てを行いたいと思ったら?

ご紹介したように、審美的なお悩みが一つでない場合、全てをきれいに治そうと思うと治療の順番が大切になってきます。歯並びを治すための矯正治療も行うとなった場合、治療期間が長くなってしまいます。

どの順番で行うのかは、担当医と相談になりますが、セラミック治療とホワイトニングを同時に行いたい場合、ホワイトニングを先に行ったほうがよいでしょう。全体のトーンを上げてから、白くなった歯に合わせてセラミッククラウンの色調を決めるほうが、白さのバランスが取りやすくなります。

ここへ矯正をプラスするなら、ホワイトニングができるインビザラインなどのマウスピース矯正が向いています。ワイヤー矯正は固定式のためオフィスホワイトニングやホームホワイトニングができません。しかしマウスピース矯正は症例によりできないことがあるため、もしワイヤー矯正による矯正治療が必要なら、矯正後にホワイトニングを行い、続いてセラミック治療を行う、という流れになるでしょう。その合間はクリーニングを行い、着色を取り除くとともに、お口の健康を維持することが大切になります。

お口の中をひとつきれいにすると、他の部分もキレイにしたいと思うのはごく自然なことです。そしてきれいにすることでお口の健康に対するモチベーションを維持できることは、大変良いことです。

トータルでお口の中をキレイにして、生き生きとした毎日を送りましょう。

 

当院の審美治療についてはこちら

定期的に歯のメンテナンスを受けたほうが良い理由とは

2020年04月13日 14:27

歯のクリーニングを終えると、ほとんどの歯科医院で次の定期検診の案内を行います。その期間は3か月~6か月と様々ですが、特に調子が悪いわけでもないのにどうして歯のメンテナンスが必要なの?と思われることはありませんか。中には「面倒だから行かなくてもいい」と感じる人もいるかもしれません。ではなぜ定期的に歯のメンテナンスを受けたほうが良いのでしょうか。

定期的な歯のメンテナンスが必要な理由とは?

歯が痛い、歯ぐきから出血するなど、お口の中で何かトラブルが起きた場合、皆さんは歯医者を受診しますよね。必要な治療を受けて症状が良くなると、もう受診しなくなり、またトラブルが起きたら受診する・・・。このようなサイクルで歯医者を受診する「治療型」がまだまだ日本の主流です。

しかし欧米など諸外国は、調子が悪くならないための「予防型」という目的で歯医者を受診する人が圧倒的に多く、調子が悪くなくても当たり前のように定期的に歯医者を受診しています。

その結果は何年後かに顕著に現れます。定期的に受診する人と比べ、調子が悪いときだけ歯医者に通う人との将来的な残存歯数となってその差が出るのです。

特に最近は歯周病によって歯を失う方が多く、虫歯よりもやっかいな病気であることが知られています。定期的に歯のクリーニングを受けることで自分では落とせない汚れや細かな歯石などを取り除き、虫歯や歯周病の原因となる要素を排除することで、トラブルを未然に防ぐことが可能となります。またトラブルが起きてしまっていても、症状が軽く、大掛かりな治療をせずに済むことがほとんどです。

なぜ定期的なクリーニングを受けないの?

歯の健康維持に欠かせない歯のメンテナンスですが、最初に述べた通りまだまだ日本国内では治療先行型の人が多い状況です。ではなぜ定期的な歯のクリーニングを受診しないのでしょうか。考えられる理由は以下のとおりです。

・痛くないのにわざわざ歯医者へ行くのが面倒くさい

・数か月先の事なのでつい忘れる

・痛くないのにお金を出したくない

・歯石除去が痛いのでイヤ

などといったことが理由で避ける方が多いようです。ここでひとつ注目したいのが「歯石除去が痛い」ということです。確かに歯石除去は多少チクチクするため、痛みに弱い方はこの歯石除去がイヤでつい足が遠のいてしまうこともあるでしょう。しかし歯石除去が痛いのは、歯ぐきが腫れているからなのです。歯ぐきが腫れていなければ痛みはほとんど感じません。痛みを感じるのは歯ぐきが腫れている、つまり歯ぐきに既に炎症が起きているからなのです。定期的に歯石除去やクリーニングを受けていると、そんなに悪化しません。つまりご自身で歯ぐきが腫れる要因を作ってしまっているのです。

歯石除去の痛みが苦手な方は、ソフトタッチで歯石を取ることで痛みを軽減できます。遠慮せずに歯科衛生士に伝えましょう。

なおホワイトエッセンスのクリーニングで行う歯石除去は痛みをほとんど感じず、心地よい感触で歯石除去を受けることができます。お口の健康維持のためにも、是非定期的に歯のクリーニングを受けるようにして下さい。

 

当院のホワイトエッセンスメニューについてはこちら

1 / 11

PAGE TOP

お問い合わせはこちら
アクセスはこちら
診療時間