7月キャンペーン💕

2020年06月30日 17:03

 

今月の歯磨剤キャンペーンは、、、

 

歯周病予防+フッ素配合で虫歯予防もできるペリオテクトと

 

歯と歯の間の汚れをごっそり取ってくれるクロルフロスです(^^)/♡♡

 

クロルフロスは日本で唯一殺菌効果の高いクロルヘキシジンとゆうお薬が練りこまれています!!

 

ペリオテクトと一緒に使用するととてもお口の中がスッキリしますよ♪

 

 

 

 

 

 

 

通常だと3180円(税抜き)の所が10%オフの2862円(税抜き)でご購入いただけます✨

 

 

この機会にぜひいかがですか❔

 

合わない入れ歯で食事をしていませんか?

2020年06月24日 08:53

入れ歯は、インプラントのように外科手術もなく、ブリッジのように健康な歯を削る必要がありません。持病を持っている方でも治療ができるため、歯を失った方の治療の第一選択肢とも言えます。しかし入れ歯が合わず、食事に苦労をするといった声も少なくないのも事実です。今回は、合わない入れ歯による影響をお話いたします。

入れ歯が合わなくなる理由とは?

入れ歯は保険で作ることができます。保険の入れ歯の素材はプラスチック、バネの部分は金属でできており、低価格で作製することができることがメリットです。

しかし月日が経つにつれ、最初はぴったりと合っていたのが、だんだんと合わなくなることがほとんどではないでしょうか。これは、歯がない部分の顎の骨が吸収され、入れ歯と歯ぐきの間にすき間ができるからです。入れ歯の調整である程度回復できますが、また合わなくなり調整を行うこととなり、結局は同じことの繰り返しになってしまいます。

合わない入れ歯で食事をすると?

入れ歯がしっくりしない、噛むと痛い、よく噛めないといった状態で食事を続けても、しっかり噛むことが困難になります。そのため入れ歯を外して食事をする方もいらっしゃることでしょう。

しかし入れ歯を外した状態で食事をすると、ますます噛み辛くなり、柔らかいものしか噛めなくなってしまいます。その結果、他の歯にダメージが加わったり骨吸収が進むなど、お口の健康にも変化が起きてしまいます。

ご自身の歯はできる限り長く残したいものです。保険の入れ歯は残存歯の健康に影響を与えやすいので、将来的に歯を失う可能性が生じてしまうと言えるでしょう。

入れ歯はご自身にぴったり合うものを選ぶのが最善

保険の入れ歯のすべてが悪いわけではありません。しかし保険の入れ歯では残存歯のj寿命や機能に限界があることも事実です。自費の入れ歯は確かに保険のものと比べると高額になりますが、時間をかけて丁寧に作られること、薄くて熱を伝えやすく、食事を美味しく感じることができることなどを目的としています。

自費の入れ歯で機能の高いものとして、金属床による入れ歯が挙げられます。金属を使っていることにより金属アレルギーが心配になる方は、いちどパッチテストを受けてみることをお勧めします。。

入れ歯は噛み難い、今の入れ歯に不満がある方は、自費の入れ歯を検討してみてもいいかもしれません。快適な食事と笑顔での会話、そしてご自身の歯のためにも、入れ歯が合わないと感じる方は、早めに歯科医院へ相談してみて下さい。

 

当院の入れ歯治療についてはこちら

誕生日🌼

2020年06月15日 14:34

 

5月に誕生日だったKさんの

 

誕生日のお祝いをお昼休みに行いました♡

 

なかなか予定が合わず先延ばしになっていましたが

 

無事にお祝い出来てよかったです(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はケーキではなくサーティーワンでした!!

院長ありがとうございました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kさんおめでとうございます♡♡

 

 

マスクを取ったら歯が汚くなっていた・・・!そんなことはありませんか?

2020年06月15日 09:05

 

新型コロナウィルス対策として欠かすことができなくなったマスク。自粛解除となった今でも、家にいるとき以外はマスクをしている方がほとんどだと思います。マスクをしていると当然口元は相手から見えませんが、マスクを取ったご自身の歯が汚れていてびっくりした・・・!こんな経験をした方はいらっしゃいませんか?

緊急性がないクリーニングですが・・・

コロナウィルスが猛威を振っていた期間は、医療機関を受診することもままならなかったことと思います。歯科治療においては、我慢できない痛みや腫れなどの緊急性がない限り、受診を控えていた方も多いでしょう。そのためクリーニングやホワイトニングといった、緊急性のない施術はしばらく延期にした方がほとんどです。

確かに「歯をきれいに保つ」ための施術は緊急性を必要としません。しかしクリーニングは歯の汚れを落として歯本来の色を取り戻すだけでなく、歯と歯ぐきの健康を維持するという、とても大切な治療でもあります。特に歯周病治療の一環として定期的に歯石除去やクリーニングを必要としている方は、受診を延期することで症状が悪化する可能性があります。と言うのも、患者さんによって口腔内の状況は異なり、細菌が多い方は短いスパンで受診しないとすぐに歯周病が悪化することがあるからです。

歯のクリーニングを受けることで、清潔感と健康を維持することができます

マスクをしていることで、周りの視線が口元にいくことはないため、つい歯のお手入れが疎かになってしまった方も多いことと思います。自粛解除になったし、そろそろクリーニングを、と思って鏡に映ったご自身の歯の色がくすんだり、黄ばみが目立つようになってびっくりしていませんか?

マスクを付ける習慣が当たり前になっても、口元の健康維持は大切です。友人同士でお食事をしたり、職場で同僚とランチをするなどマスクを外して他人と近い空間を共有する時間も徐々に増えてくることと思います。その時、歯の色が汚くなっていたら、せっかくの時間も楽しめなくなってしまうのではないでしょうか。

歯のクリーニングは日常の飲食によるステインが原因です。またマスクの下で思わず口呼吸をしていたら、お口お腹が乾燥して着色の原因を作ってしまいます。

そして何といっても、歯磨きだけでは落としにくいプラークが溜まり、歯周病を誘発させたり悪化させる原因を作ってしまいます。歯科治療は飛沫によるウイルス感染が心配と思うかもしれません。しかしほとんどの歯科医院ではウイルス対策をきちんと行っており、安心して歯科治療を受けることができる環境を整えています。

マスクをしていても定期的なクリーニングで、お口の中の環境をきちんと整えておきましょう。

 

当院のホワイトエッセンスのクリーニングについてはこちら

 

1 / 11

PAGE TOP

お問い合わせはこちら
アクセスはこちら
診療時間