ブリッジが臭いやすいのはなぜ?

2019年02月24日 14:14

 

失った歯の機能回復手段のひとつに、ブリッジがあります。ブリッジは、失った歯の隣の歯を削り、その歯を土台として何本か繋がった人工歯を固定します。見た目が橋のように見えるため、ブリッジと呼ばれています。入れ歯のようにバネが見えないため、一見すると審美性などに問題がないように思えますが、ブリッジには案外多くのデメリットがあり、そのうちのひとつが「ブリッジは臭い」なのです。

 

保険適用のため安価で治療できますが・・・

ブリッジは入れ歯同様、保険適用となる治療法です。取り外し式の入れ歯と異なり、ブリッジは支台歯と呼ばれる土台の歯を柱として、そこへ失った歯+2本分の人工歯をセメントで着けて固定します。費用を抑えて噛む機能を回復できるうえ、奥歯は銀歯になるものの、前歯は表側が白いレジンで作れるため、見た目にはそれほど悪くありません。

噛む力は入れ歯よりも強く、日常の食事には問題はありません。しかしブリッジのデメリットは支えとなる両隣の歯をたくさん削ることです。健康な歯をたくさん削ることにより、この先の寿命に大きく影響してしまいます。

また抜けた歯の部分の顎の骨が次第に痩せていくという欠点も持っています。

保険適用のブリッジは安価で治療ができる良さがありますが、それ以上に歯に対するダメージが大きく、デメリットが多い治療と言えます。

 

ブリッジの臭いについて

そしてブリッジの欠点のひとつに、口臭がきついことがあります。ブリッジは支えとなる支台歯の間に歯がない状態で、ブリッジ本体はその部分に「ポンティック」という人工歯が繋がっています。歯肉とポンティックの間は隙間が空いており、この部分に食べかすが詰まりやすくなります。入れ歯に比べて清掃も行いにくく、やがて細菌が繁殖してしまいます。その結果、お口の中の衛生状態が次第に悪くなり、口臭となってしまいます。

また保険適用のブリッジは素材の特徴上、プラークが付きやすくなってしまいます。プラークは歯肉炎や歯周炎を引き起こすため、ますますお口の中が不衛生になってしまうのです。

 

ブリッジの口臭を少しでも防ぐためには

ブリッジは、歯肉とポンティック部分に食べかすが挟まってしまいます。ブリッジと歯肉の間の汚れを取るためには、毎食後の歯間ブラシが欠かせません。しかし毎食後、歯間ブラシで手入れするのは大変です。寝る前の歯磨きのときだけでもしっかりとブリッジ周辺をお手入れして下さい。

素材を保険のプラスチック、銀歯からセラミック系のものに変えることも、改善策のひとつです。セラミックは汚れが付きにくいため、保険のものよりはプラークが付きにくくなります。

そして定期検診やクリーニングは欠かせません。歯のクリーニングでは自分では取れない汚れやプラーク、そして歯石までキレイに取り除き、お口の中の衛生状態を良いものに取り戻します。

しかしブリッジは寿命が短く、8年程度と言われています。健康な歯へのダメージが大きい分、寿命が短くなってしまうのです。歯の健康のことを考えると、入れ歯かインプラントのほうが望ましいかもしれません。

 

ブリッジはお口の中が不潔になりやすいため、できるだけ毎日歯間ブラシを使ってお手入れするようにしましょう。

 

当院のインプラントについてはこちら

お子さんの歯並び、きちんとチェックしていますか?

2019年02月23日 00:41

お子さんのお口の中で気になるのは虫歯と歯並びではないでしょうか。特に歯並びは、虫歯のように痛みを感じないため、歯並びが悪くなっていても噛み合わせに問題があっても、お子さん本人は気づきません。そのため歯並びや噛み合わせが悪いまま過ごすと、成人後に色々なトラブルが出てくるのです。

 

歯並びが悪いことで起こるリスク

幼少期や思春期の頃、いわゆる成人前に歯並びや噛み合わせに問題があると、虫歯や歯肉炎のリスクが高くなります。ガタガタした歯並びはブラッシングが非常に行いにくく、歯が重なっている部位などは汚れが残ってしまいます。お口の中には様々な細菌が存在し、食べかすがやがてプラークへと形成されます。

既にお口の中に虫歯菌がある状態なら虫歯が心配です。特に乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質が弱く、成人に比べて虫歯リスクが高まります。

また歯肉炎もよく起こります。歯ぐきの腫れや出血を伴う歯肉炎は、幼少期でも起こります。原因はブラッシング不足ですが、歯並びが悪いと歯磨きが行いにくいため、プラークが付きやすくなり歯肉炎を引き起こしてしまいます。

成人までに歯周病へ進行することはあまりありませんが、幼少期からお口の中の衛生状態が悪いと、将来的に歯周病へと進行しする可能性は非常に高いと言えるでしょう。

 

噛み合わせに問題があることで起こるリスク

一見すると歯並びにはそんなに問題はなくても、噛み合わせに問題があると、お口の中に深刻な症状を引き起こすことがあります。噛み合わせの異常として挙げられるのは、出っ歯、受け口、オープンバイトなどです。歯並びそのものは悪くなく、ブラッシングもきちんと行えても、「噛む」という最も大切なことに深く関わるのが、噛み合わせの異常なのです。

出っ歯の場合、前歯で食べ物を噛み切ることが難しいうえ、どうしても口が開いてしまうため、口呼吸になります。口呼吸はお口の中の乾燥を招き、細菌の増殖へと繋がってしまいます。そのため虫歯になりやすくなったり、ウイルスを取り込んで風邪やインフルエンザなどになりやすくなるとも考えられています。

受け口は、顎の痛みや口が開けにくいなどの症状が起こり、顎関節症が心配されます。見た目にも問題があり、小さなお子さんの場合、他のお友達にからかわれてしまうことで、メンタル面に深刻な影響が起きます。

オープンバイトは、奥歯で噛んだ時に前歯の間に隙間ができる噛み合わせの異常です。前歯に隙間があるので、前歯を使って食べることができません。また奥歯に大きな負担がかかるため、将来的に奥歯にトラブルが起こる可能性が高くなります。

 

このように、歯並びの悪さや噛み合わせの異常は、歯やお口の中、そしてそれに伴って体の健康にも様々な悪影響が起こる可能性があるのです。

 

幼少期から歯並びをチェックし、定期的に歯科医院で診てもらいましょう

乳歯がとてもキレイだから、将来の歯並びもきっと大丈夫!とは決して言い切れません。乳歯がきれいだからといって、必ずしも永久歯の歯並びや噛み合わせが正常かというと、それは約束されたものではないのです。永久歯が足りない、おかしなところから永久歯が生えてきたなど、成長するとともに歯並びや噛み合わせの変化が起こることがあります。

もし治療が必要になった場合、できるだけ早いほうがお子さんの負担も少なくて済みます。保護者の方も意識してお子さんのお口の中を観察し、定期的に歯並びを診てもらいましょう。少しでも気になることがあれば、担当医に早めに相談して下さい。

 

当院の小児矯正についてはこちら

キャンペーンのお知らせ💛

2019年02月19日 17:51

 

こんにちは(`・ω・´)

今日は3月限定のキャンペーンのお知らせです!!!

 

3月はご紹介キャンペーンを行います♪

2月ご来院された方に、ご紹介者の方とご紹介された方お二人ともが使えるクーポン付パンフレットを配布しておりますので、

虫歯治療ご希望の方や検診ご希望の方がお近くにいらっしゃいましたら是非お渡しください( ˘ω˘ )

歯ブラシ・歯磨剤・洗口液など全てにお使いいただける500円OFFクーポンをプレゼントいたします♡♡♡

 

3月のみのお得なキャンペーンなので、この機会に是非ご利用くださいませ(*’ω’*)

 

 

 

 

歯間ケアは歯の健康を守る大きなポイント

2019年02月19日 08:27

 

歯の健康を守るのは、毎日の歯磨きです。しかし毎日歯磨きを行っているのに虫歯ができてしまうことがあります。それは、歯と歯の間にできる虫歯が非常に多いのです。と言うのも、歯と歯の間に残る汚れは、歯ブラシだけではなかなか取り除くことが難しいからです。そこで今回は、歯間ケアの重要性についてお話をしたいと思います。

 

歯ブラシで取りきれるのは、歯の表面

歯磨きさえしていれば、虫歯や歯周病の予防になる・・・そうお考えではありませんか?確かに歯ブラシを使った歯磨きは歯の汚れを取り除き、お口の中を清潔にします。しかし、歯と歯の間の汚れは歯ブラシの毛先が届きにくく、気が付けばプラークや歯石が付着してしまっています。

特に歯と歯の隙間が狭い方や歯並びが悪い方は、歯ブラシだけでは完全に食べかすや汚れを落とすことは困難で、磨き残しとなって何らかのトラブルを引き起こす可能性が出てきます。

実際、定期検診で歯と歯の間の虫歯が発見されることは多く、磨いているのになぜ?と思われるかもしれません。しかしよく聞いてみると、デンタルフロスや歯間ブラシを使っていないという声が圧倒的に多く、虫歯ができてしまうのも当然と言えるのです。

歯磨きの後に舌で歯を触ってみるとツルツルしており、しっかり磨けたように感じるかもしれませんが、歯ブラシで取りきれるのは、歯の表面だけなのです。

 

寝る前には歯間ケアを行いましょう

歯と歯の間に残る汚れを取り除くのには、デンタルフロスがいちばんです。定期検診やクリーニングの際に使われるのはご存知でしょうか。歯科医院でのケアでは必ず使います。

ご家庭では、寝る前の歯磨きのときに歯間ケアを取り入れましょう。できれば毎食ごとが望ましいですが、時間に追われて歯磨きで精一杯だと思います。ゆっくり時間が取れる寝る前の歯磨きの際に、フロスや歯間ブラシを使って歯の間に残る汚れを取り除いてください。

寝る前の歯間ケアがおすすめな理由として、唾液の分泌の減少が挙げられます。唾液には細菌を洗い流す作用があり、唾液によって虫歯や歯周病菌などの細菌をお口の中にできるだけ溜めないようにすることができます。

しかし就寝中は唾液の分泌が減り、お口の中の細菌が活発に活動します。このとき歯と歯の間に汚れが残っていると、虫歯菌や歯周病菌が棲み付くためのプラークが作られやすくなります。プラークが石灰化すると歯石となって歯にがっちりと付いてしまって、歯周病リスクが高まります。

このようなリスクを低減させるためにも、寝る前の歯磨きのときに歯間ケアを取り入れてください。特にフロスは歯と歯の間が狭くても通すことができます。歯間ブラシは奥歯や歯と歯の間の隙間が広い方、ブリッジが入っている方に向いています。もし使い方がわからなければ、歯科衛生士にたずねてみてください。患者さんに合ったものや使い方などを丁寧に教えてくれます。

 

寝る前の歯間ケアで、歯の健康を維持しましょう。

 

当院の一般治療についてはこちら

 

 

フッ素で歯を強くしましょう

2019年02月14日 07:51

歯を失う二大原因のひとつ、虫歯は酸を放出することで歯を溶かしてしまいます。虫歯になる原因はチョコレートなど甘いものの食べ過ぎと思われがちですが、それだけが原因ではありません。虫歯は4つの要因が重なることで引き起こされると言われています。そのひとつに「歯質」があります。歯質が弱いと虫歯になりやすいのです。

 

虫歯になる4つの要因とは

虫歯は、歯磨き不足により歯に残った汚れがプラーク化し、そこへ虫歯菌が棲みついて酸を放出します。歯は酸に弱く、虫歯菌が出す酸によって歯が溶けてしまいます。しかし虫歯は1日で急に起こるわけではありません。ここまで至るには、4つの要因が重なって起こるのです。その4つの要因とは、次のとおりです。

 

・虫歯菌

・砂糖

・時間

・歯質

 

虫歯になってします第一の要因は、虫歯菌です。虫歯菌が食べかすに含まれる砂糖を栄養素にして酸を作り出し、歯を溶かして虫歯を作り出します。時間というのは、お口の中に飲食物が留まる時間です。長時間だらだらと飲食を行うと、お口の中は酸性に傾いて虫歯になりやすい状態になってしまいます。

そして歯質も、虫歯に大きく関係します。歯の表面のエナメル質は酸に非常に弱く、虫歯になりやすい環境が整うと、歯が溶けやすくなり、虫歯へと進行してしまいます。

特に乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質が薄いため、非常に虫歯になりやすいのです。また成人でも、虫歯になりやすい歯質の人も少なくありません。しっかり歯磨きをしているのにすぐ虫歯になる人は、歯質に問題があると考えられます。

 

虫歯予防および歯質を強化させるフッ素

虫歯から歯を守るためには、食生活や歯磨きはもちろん、歯質を強化することが大切です。その歯質を強くする働きを持つのが、フッ素です。フッ素は虫歯予防というイメージがありますが、虫歯予防だけでなく歯を強くする働きがあります。歯を強くすることで虫歯になりにくい歯を作り出し、歯の健康を守ることができるのです。

・耐酸性・・・フッ素を使うことで歯の質が「フルオロアパタイト」と言う安定した結晶構造を持ち、歯質が強化されます。

・抗菌作用・・・虫歯菌が作り出す酸を作りにくくします。

・再石灰化の促進・・・虫歯予防として最もよく知られている歯の再石灰化を促す作用を持っています。再石灰化されることで、歯の表面が溶け始めたごく初期の虫歯を削ることなく治癒できる場合があります。

 

フッ素塗布は子どものためだけと思われがちですが、成人の方にも効果的です。特に歯科医院で使うフッ化物は濃度が高く、効果も高いため、虫歯になりやすい人には特にお勧めです。

ご自宅で使う歯磨き剤にもフッ素配合のものは多く、日常の歯磨きで使うとともに、予防治療でフッ化物を使い、虫歯予防をすると効果的です。

砂糖の摂取を控え、毎日の歯磨きをしっかり行いながら定期的にフッ素塗布を受けて、虫歯に負けない強い歯を作り出しましょう。

 

当院の一般歯科についてはこちら

 

ホットリップエステ2回目♩

2019年02月12日 16:42

ちょっと投稿が遅くなってしまいましたが、、、

先週ホットリップエステ2回目の施術が終わりました( ˘ω˘ )

 

前回の施術から毎日ホームケアも続けて頑張ってます♩

 

まだ1週間ですが、ホームケア用品を使ってみてかなり”乾燥”は改善されてきました♡

 

では2回目施術前後の写真がこちらです↓↓↓

 

 

 

 

自分ではあまり気付きませんでしたが、縦じわが改善されてるのがお分かりいただけますでしょうか😍

 

施術後はもちろん前回同様、潤いがすごく、ぷるぷる唇が出来上がりました♡♡♡

 

しかし、残念ながら”くすみ”についてまだ改善が見られず、、、(-_-)

 

 

1か月後には”くすみ”も改善されていることを願って引き続き頑張ります(`・ω・´)

 

 

 

 

歯を失ってしまったら、絶対に放置しないで下さい!

2019年02月07日 11:13

 

不幸にも歯を失ってしまった場合、すぐに噛む機能を取り戻す治療を始めなければいけません。「噛めるから大丈夫」とそのまま放置していると、色々な悪影響が出てくるのです。

 

歯を失ってしまったら

虫歯や歯周病が原因で残念ながら歯を残すことができなくなった場合、まずは速やかに抜歯を行います。歯を抜いた、あるいは抜けた場合、次にすべきことは噛む機能を取り戻す治療を行うことです。

噛む機能を回復させる手段としては、入れ歯、ブリッジそしてインプラントがあり、患者さんの口腔内の様子や希望に沿って治療を進めていきます。

ところが、中には抜けたまま放置する患者さんもいらっしゃいます。

 

なぜ噛む機能を取り戻さなければいけないのか

ではなぜ歯を失ったらそのまま放置してはいけないのでしょうか。

まず「噛む」ということは、人間が生きていくうえで欠かせないのです。よく噛んで食事をいただくことは健康への第一歩です。よく噛むことで唾液が分泌され、食べ物と混ざり合って胃へ送られ、消化されます。

ところが歯がないとよく噛むことができません。あまり噛まずに食事をすると唾液があまり分泌されないため、消化不良を起こしやすくなります。

また噛むことで脳の活性化を促し、認知症などを予防する働きがあります。歯を失ったまま過ごすと噛む機能が衰え、脳の働きが低下してしまいます。その結果ボーっとしたりやる気が失せてしまうなど、活力が衰えて認知症やうつ病を発症してしまう可能性が出てくるのです。

審美的にも問題が出てきます。前歯は見た目がとても目立つため治療を放置する人は少ないですが、奥歯は大きな口を開けないとそれほど目立たないため、奥歯を失ってそのまま放置する人は意外と多いのです。

歯が抜けたままにしておくと、両隣の歯が傾斜し、噛み合わせにズレが生じてしまいます。また反対の噛み合う歯が伸び、噛み辛くなるなど噛み合わせに大きな問題が生じてしまいます。

また奥歯を失ったままにしておくと口元が痩せて見えるため、年齢よりもずっと老けて見られてしまいます。そればかりか、失った歯の反対側でばかり噛むことで左右の顔のバランスが崩れるなど、審美面に大きな問題が生じてしまいます。

特に第一大臼歯は非常に大切な歯です。この歯を失ったままにすると、健康面、審美面において様々な悪影響が出てきます。ただし親知らず、第二大臼歯の場合はそれほど大きな問題にはなりません。

しかし、いちど歯を失ってしまうと元に戻すことはできません。歯を失うことがないよう、日頃からしっかりと歯磨きを行い、定期的にメンテナンスを受けておきましょう。

そして歯を失ってしまったら必ず診察を受けて、噛む機能を取り戻しましょう。あなたの健康は、噛むことによって支えられているのです。

 

当院の一般治療についてはこちら

1 / 11

PAGE TOP

お問い合わせはこちら
アクセスはこちら
診療時間