今週のお花

2016年04月21日 19:06

IMG_0429

今週もアンジェさんに素敵なお花を飾っていただきました。有り難うございます。

今週のお花

2016年04月14日 19:03

IMG_0409

今週もアンジェさんに素敵なお花を飾っていただきました。有り難うございます。

歯並び相談は、「矯正歯科」で。

2016年04月07日 13:37

当院も、地域の皆様に知られるようになってきたようで、最近、お子さんの歯並び相談が増えてきました。

歯並び相談を「矯正歯科」以外でされて、「様子を見ましょう」を言われている方の中には、「手遅れ一歩手前」の方がおれらます。

成長期のお子さんで、「おかしいいな」「このまま並ぶかな」を思われる場合は、ぜひ「矯正歯科」の表示(標榜)がある歯医者さんで、診察を受けられてください。重要なのは、大人の矯正も行う歯科医師の診察を受けることです。

お子さんの年齢や発育の様子によって、適切な治療方法があります。時期を逃してしまいますと、抜歯や手術が避けられなくこともあります。

永久歯の生え変わりまで待っていてはいけません。

少なくとも、私は自分の娘の、歯並びに対して待ったりはしません。4歳半で乳歯が抜けた時から、将来きれいな歯並びになるよう、全力で頑張っています。

また、娘は私に似て低い鼻ですが、成長期の今なら、よりよい手助けができます。きっと将来は、私より高い鼻になってくれるでしょう。

娘には、美しく健康的な顔立ちになって欲しいと思うからです。

 

特に受け口は、わかった時=治療開始時期です。子供の歯(乳歯)での反対のかみ合わせでも、何らかの治療はするべきです。

中には、生え変わりの時に治ってしまうお子さんもおられるかもしれませんが、様子見で治る確率は10%です。

完全に放置して手術が必要な矯正治療になった場合、「保険適応」となりますので、「費用」だけをみれば、安くはなりますが。。。。

成長期のお子さんの様子を見られる場合は、

「このような状態になるまで様子をみます」

「もし、こうなったたら、このような治療をします」

といった、具体的な道筋がないままの「様子見」は大変危険です。

ゆっくりと悪くなってゆく様を、ただ見ているだけになりかねません。

成長期に適切に治療してあげることで、

鼻呼吸がキチンとできる

(いびきをかかない、鼻炎になりにくい、鼻がつまりにくい、お口をぽかんと開けない、正しい姿勢ができる、猫背にならない)

ことができるようになり、健康的な顔立ちになることができます。

単に歯並びだけでなく、手術をすることなく、骨格まで改善できるのは、成長期だけです。

 

 

今週のお花

2016年04月07日 09:34

IMG_0386

今週もアンジェさんに素敵なお花を飾っていただきました。

今週のお花

2016年04月01日 10:13

IMG_0381今週もアンジェさんに素敵なお花を飾っていただきました。

1 / 11

PAGE TOP

お問い合わせはこちら
アクセスはこちら
診療時間