錦部製作所製の超音波チップ

2015年04月14日 18:47

歯医者さんでの歯石取り、皆さんはどう感じておられるでしょうか。

「取らないといけないことはわかっているけど、どうもあのキーンした痛みが苦手で・・・」と思わられている方は多いのではないでしょうか。

歯医者さんでは、超音波スケーラーと言って、器具を振動させながら、歯石をとっています。

その時の「振動が」苦手な方は多いと思います。私も痛がりの方なので、お気持ちは十二分にわかります。

歯石をとった後はすっきりしますし、歯石がついたままですと怖い歯周病になってしまいますから、やはり歯石はとっておいた方が良いのですが、「でも、歯石とりは痛いし・・・」というジレンマがありますね。

では、麻酔をして歯石とりをするという方法もありますが、麻酔は治療が終わっても、しばらくシビレたままですし、気分のいいものではありませんよね。

そこで、当院が採用したのが、「錦部製作所製のチップ」です。

何かと言いますと、キーンと水を出しながら、歯石をとる器械の先についている針の様な器具のことです。超音波スケーラー

「錦部製作所のチップ」は一般的なチップより、小さな力でよく歯石を取りことができます。

小さな力で良いので痛くありません。とある勉強会である先生が絶賛されておられましたので、導入してみたところ、本当に小さな力でよくとれました。別の勉強会で、別の先生にご紹介しましたが、とても喜ばれました。

当院の歯科衛生士さんも、「もうこれ以外使う気がしません」と言っております。

痛みの少ない歯石とりならぜひ当院で・・・。

DSC_0386

木製のブラインド・カーテンがつきました。

2015年04月13日 15:23

当院は、某大手コンビニエンスストアの跡地にありますので、大きな窓があります。

歯医者さんの待合室としては、ちょっと開放的過ぎていました。

そこでこの度、無事3周年を迎えることができましたのを機にブラインド・カーテンを着けることができました。当院のイメージカラーのグリーンの帯つきです。

待合室が少し落ち着いた感じになりました。よりよい診療、よりよい空間にするために、これからも少しづつではありますが、努力してゆこうと思います。

 

 

 

DSC_0524

 

開院3周年のご挨拶

2015年04月01日 12:34

地域の皆様を始め、多くの方に支えて頂いたお陰で、4月1日に、公園通り歯科は3周年を迎えることができました。

これからも、「患者さんの美と健康の追求に貢献し続ける」を医院理念におき、歯を残すことに主眼をおき、患者さんが主人公の診療を行ってゆきます。

昨年は、エコシステムを導入し、診療用チェアーから出る水の汚染問題を根本的に解決することができました。

診療用チェアーの水質については、現状では、はっきりとした健康被害が出ているわけでも、厚労省や保健所が基準を出しているわけではありません。

しかし、エコシステム導入後は、患者さんの治りが良いような気がします。

治療中に出るシブキ(飛沫)にどうしても触れてしまう私を含め当院のスタッフの、健康を守れるようなったのは、非常に嬉しい事です。

(日本の未来を担う若い彼女達に、しなくて良い「感染」をさせてはいけません。)

今年も、ソフトもハードも更新してゆこうと思います。

これからも公園通り歯科をよろしくお願い致します。

1 / 11

PAGE TOP

お問い合わせはこちら
アクセスはこちら
診療時間