意外と知られていない、ゴールドの良さとは?

2021年12月22日 18:13

詰め物や被せ物の素材を選ぶとき、多くの方は費用を重視した銀歯や見た目を重視したセラミッククラウンなどを希望されると思いますが、選択肢として「ゴールド(金)」があることをご存じの方はそれほど多くないのではないかと思います。今回は、意外と知られていないゴールドの良さについてお話を致します。

同じ金属でもゴールドと銀歯との違いは?

虫歯治療では歯を削るため、広範囲あるいは神経を取るために削った歯の部分を修復する必要があります。それがインレーやクラウンと呼ばれる詰め物や被せ物であり、嚙む機能を回復させるために欠かせない治療です。

一般的な虫歯治療後の詰め物や被せ物に使われる素材は、審美性を重視したセラミッククラウンやジルコニアセラミックの他、保険適用の金属で銀歯と呼ばれている、金銀パラジウム合金といったものがあります。

金属の補綴物というと、やはり銀歯がいちばんに思い浮かぶのではないかと思いますが、自費治療のゴールドも、金属の素材で作られています。

では同じ金属でも、銀歯とゴールドではどのような違いがあるのでしょうか。

銀歯(金銀パラジウム合金)の特徴

・安価で治療できる

・金属のため強度はあるが、劣化しやすい

・二次カリエスが起こりやすい

・歯との適合性に劣り、歯を痛めやすい

・金属のためお口の中に入ると目立つ

このように、保険適用の金銀パラジウム合金のメリットは安価で治療できる、ということではないでしょうか。また審美性を気にされることが多い銀歯ですが、最大のデメリットは二次カリエスになりやすいことです。銀歯は歯との密着性が劣り、虫歯菌が入り込んで内部で再び虫歯になりやすいため、再治療を繰り返すリスクが高まってしまいます。

また劣化しやすい素材であること、強度はあるが対合の歯を痛めやすいことも、銀歯のデメリットといえます。

ゴールドの特徴

・伸びが良く、歯に優しい

・酸化しないため腐食しにくい

・対合の歯を痛めない

・プラークが付きにくく、二次カリエスリスクが非常に低い

・自由診療のため費用が高くなる

・下顎に入れると目立ってしまう

ゴールドの良さを挙げるとキリがありません。実際にゴールドを入れた方の声を聞くと、もうゴールド以外考えられない!というくらい快適な素材です。伸びが良い素材で、熱いものや冷たいものの影響を受けません。そのため歯との密着性に優れており、虫歯菌が入り込むことはほとんどありません。二次カリエスになりにくいという意味においても、ゴールドは非常に優れた素材です。

敢えてデメリットを挙げるとすると、自費のため費用が高くなること、下顎に入れるとやや目立ってしまうことくらいではないでしょうか。

しかしこのようなデメリットを払拭させるほど、ゴールドは優れた素材であることがお分かりいただけるのではないかと思います。

歯を長持ちさせる素材を選ぶことが大切

今回はゴールドの良さについてお話いたしました。費用が高いことがデメリットですが、歯を長持ちさせることにおいては、ゴールドが最も良い素材です。セラミックも優れた素材ですが、ゴールドは歯の健康を維持し、長く使っていくためにより最適な素材です。

目先の費用だけに捉われず、お口の健康維持を考えて素材を選ぶようにしましょう。

 

当院の健康に配慮した審美治療についてはこちら

 

 

インビザラインなのに虫歯が!考えられる原因とは?

2021年12月13日 10:10

取り外し式のインビザラインは歯磨きがしやすいため、ワイヤー矯正よりも虫歯リスクが低いところが大きなメリットです。ところが虫歯になりにくい治療法であるインビザラインで治療をしていたのに、虫歯ができてしまった!という声も意外に聞こえてくるのをご存じでしょうか。

取り外し式で歯磨きがしやすいインビザラインなのに虫歯ができてしまうのは、なぜでしょうか。今回はインビザラインにおける虫歯の原因についてお話をいたします。

矯正中は虫歯になりやすい

歯並びの乱れや噛み合わせを治すための矯正治療は、当然のことながら長期間矯正装置を付けて日常生活を過ごすことになります。中でもやはり心配なことは、矯正中の虫歯リスクです。

特にワイヤー矯正はよっぽどのことがない限り、矯正治療が終わるまで装置を付けたまま過ごすことになるため、特に歯磨きのときに不便さを感じることと思います。装置周りに汚れが付きやすく、ワイヤーが通っているためフロスも通しにくいことから、どうしても汚れが残りやすくなります。この汚れがプラークとなり、虫歯の大きな原因となってしまうのです。

また歯と歯ぐきの境目に歯ブラシの毛先がきちんと当てられずに適当な歯磨きになっていることも多く、虫歯や歯肉炎を引き起こす要因でもあります。

このように、矯正治療中はお口の中の管理がしにくいため、虫歯リスクが高まってしまうのです。

インビザラインでも油断はできません

いっぽう取り外し式のマウスピース矯正であるインビザラインの場合、歯磨きをするときにマウスピースを外して行います。何も付けていない状態で歯磨きができるため、隅々まできれいに磨けます。フロスも通しやすく、ワイヤー矯正と比べると歯磨きや口腔内管理のしやすさが大きなメリットです。

しかしインビザラインなら虫歯にならないかというと、そうではありません。「インビザラインなのに虫歯ができてしまった!」という方は、口腔内の管理に問題があります。ではインビザラインでも虫歯になってしまうのは、どんな原因が考えられるのでしょうか。

歯磨き不足のまま長時間アライナーを装着する

インビザラインは、アライナーを1日20時間以上装着することで歯を動かしていきます。ところが歯磨きがきちんとできていないまま長時間アライナーを付けて過ごすと、虫歯菌を閉じ込めてしまうことになります。唾液は虫歯菌などの細菌を洗い流す役目を持っていますが、アライナーをはめることで唾液の循環がストップし、虫歯菌を歯に留めたままアライナーで塞いでしまうので虫歯が作られてしまいます。

アライナーを装着したまま砂糖を含んだ飲食をしてしまう

アライナーを付けたときは、基本的に飲食はできませんが、水なら大丈夫です。ところがアライナーを付けたままジュースや乳酸菌飲料など砂糖が含まれたものを口にすると、アライナーのすき間から糖分が入り込んでしまいます。

固形物じゃないし、飲み物なら大丈夫と自己判断して砂糖が含まれているジュースを飲むことで虫歯リスクが高まってしまうのです。

アライナーを付けたままの水分補給の基本は水ですが、砂糖の入っていない炭酸水なら飲んでいただいても問題はありません。

インビザライン=虫歯にならないわけではないことを理解しておきましょう

インビザラインは口腔内管理がしやすい矯正治療法ですが、過ごし方を誤ると虫歯になってしまいます。インビザラインの虫歯の原因は歯磨き不足と装着中の甘い飲み物が主な原因です。インビザラインだからといって絶対に虫歯にならないわけではありません。

せっかく歯並びをきれいにするための治療を行うのですから、虫歯にならないよう医師の指示はきちんと守り、毎日の過ごし方にも気を付けましょう。

 

当院のインビザラインについてはこちら

1 / 11

PAGE TOP

お問い合わせはこちら
アクセスはこちら
診療時間