インビザラインで不可欠な「チューイ」の必要性について

2021年08月30日 22:13

 

インビザラインは、新しいアライナーを交換しながら少しずつ歯を動かす矯正治療法です。ワイヤー矯正よりも痛みが少ないと言われていますが、自己管理がされていないと歯が計画通りに動きません。

そこで歯の動きに重要なアイテムが「チューイ」です。インビザラインに欠かせないチューイとは、いったいどんな役割を持っているのでしょうか。

ただアライナーをはめただけでは歯が動かないことがあります

インビザラインは、アライナーと呼ばれる透明なマウスピースを交換しながら歯を少しずつ動かしていきます。治療計画を立てた際に、患者さんの歯の動きを予測してアライナーが作製される仕組みになっています。

治療計画をもとに作製されたアライナーを歯に嵌めることで常に弱い力が歯に加わり、骨の代謝が起きて歯が動き始めます。そして医師の指示に従った期間で新しいアライナーに交換する、ということを繰り返しながら歯並びを少しずつ整えていきます。

しかし、ただアライナーをはめて交換するだけではしっかりと歯が動かないことがあります。アライナーをはめた際に、アライナーが歯から浮き上がっている部分があると、その部分の歯の動きが悪くなり、治療計画通りに歯が動かないことがあるからです。

「アライナーを交換するだけで歯が動くって聞いていたのに、歯が動いていないんじゃないの?」と思う方は、アライナーがきちんと歯に嵌まっていない可能性があります。

歯を動かすにはチューイが不可欠

アライナーが浮き上がった状態で治療を進めても、思ったように歯が動きません。大切なことは、アライナーをしっかりと嵌めることです。

そこで必要になるのが「チューイ」です。

チューイとは、弾力性のあるロール状のもので、アライナーを歯にフィットさせるためにインビザラインには欠かすことができないアイテムです。

まずアライナーを歯に装着させ、鏡を見てみてください。アライナーが浮き上がっているところはありませんか?もし浮き上がっている部分があれば、そこにチューイを挟んでしっかりと噛みます。ぎゅっと噛むことでアライナーがしっかりとフィットします。

また新しいアライナーに交換した際もチューイは不可欠です。新しいアライナーは若干フィットしにくいので、前歯、小臼歯、奥歯それぞれチューイを噛む必要があります。新しいアライナーは、歯が少し動いた状態のものを装着することになりますので、どうしても浮き上がってくる部分が出てきます。そのためにもチューイを噛んでフィットさせることが重要なのです。

チューイを噛む時間はだいたい10分程度です。テレビを見ながらでもできますので、まずはアライナーをフィットさせるためにも毎日必ずチューイを噛む習慣を身に付けましょう。

なお医院によってはチューイにも色々な色やフレーバーを用意しています。お好みのチューイを使ってしっかりとアライナーをフィットさせるように心がけてくださいね。

 

当院のインビザラインについてはこちら

PAGE TOP

お問い合わせはこちら
アクセスはこちら
診療時間