ワイヤー矯正、虫歯以外に起きやすいトラブルとは?

2021年09月27日 09:11

矯正治療を行うための装置には、固定式のワイヤー矯正とインビザラインに代表される、取り外し式のマウスピース矯正があります。それぞれにメリットとデメリットがあり、よく把握したうえで装置を選択して治療を始めることが大切ですが、矯正治療を始めるといくつかトラブルに見舞われることがあります。

特にワイヤー矯正の場合、虫歯リスクが高まるというリスクがありますが、今回は虫歯以外にワイヤー矯正に起きやすいトラブルをご紹介したいと思います。

ほとんどの症例に対応できるワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯の表面にブラケットと呼ばれる小さなボタンを付け、そこへワイヤーを通して調整し、歯を少しずつ動かす方法です。ワイヤー矯正は昔から行われている治療法で、エビデンスも豊富でほとんどの症例に対応できるという強みがあります。

またワイヤー矯正といえば、金属の装置がお口の中でギラギラと目立つ、という審美性に問題がありましたが、最近では審美ブラケットと呼ばれるセラミックやサファイヤなどを使った、透明なブラケットを使う医院が増えています。またワイヤーも白くコーティングをしたホワイトワイヤーやゴールドワイヤーなど、比較的目立ちにくい装置を使う医院も増えてきており、選択肢の幅が広がっています。

またワイヤー矯正は固定式のため、原則として矯正治療が終了するまで装置を取り外しません。自分で調整をする必要がないため、ほぼ治療計画通りに治療を進められることが大きなメリットであると言えます。

ワイヤー矯正に起こりやすいトラブルは虫歯だけではありません

どんな症例にも対応できるワイヤー矯正ですが、矯正治療中にトラブルが起きやすいというデメリットがあります。最も多いのは、歯磨き不足による虫歯リスクが高いということですが、これはマウスピース矯正でも同じです。歯磨きをしっかりとしなければワイヤー矯正でもマウスピース矯正でも虫歯リスクを抱えることに変わりはありません。ではワイヤー矯正の場合、虫歯以外にどんなトラブルが起きやすいのでしょうか。

1.ワイヤーの針金で傷がつきやすい

虫歯以外に起きやすいワイヤー矯正のトラブルとして、ワイヤーの針金が唇や内頬の粘膜に当たって傷がつきやすいということです。粘膜に傷がいくと口内炎や潰瘍になってしまう可能性があります。ワイヤー調整後に起こりやすいと言われていますが、ワイヤーにより粘膜が傷ついてしまった場合、早めに受診することが大切です。

2.ブラケットが取れやすい

ブラケットは、歯の表面にひとつずつ、レジンを使って止めていきます。しかし固いものを噛んだ、アクシデントで口元をぶつけてしまったなど口元に衝撃が加わると、ブラケットが取れてしまうことがあります。ブラケットは付けなおすことができますが、頻繁に起こると治療計画に影響が出てくることがあります。

特にセラミッククラウンなどの被せ物の表面はボンドが付きにくく、よく取れてしまった!という声を聞きます。

インビザラインなどのマウスピース矯正は比較的粘膜を傷つけにくく、ブラケットが取れるということはありません。

トラブルが起きたらすぐに受診しましょう

ワイヤー矯正に起きやすいデメリットについてお話いたしました。特にワイヤーの針金による粘膜の傷はかなり痛みを伴います。歯が動く以外の痛みはできるだけ避けたため、ワイヤーの針金が当たって痛い場合はすぐにかかりつけの矯正歯科を受診するようにして下さい。

 

当院の矯正治療についてはこちら

PAGE TOP

お問い合わせはこちら
アクセスはこちら
診療時間