ホワイトニングは歯科医院で受けましょう

2021年03月28日 12:21

口元の美意識が高まっている今、歯を真っ白にするホワイトニングが気になるという方も多いと思います。真っ白の歯と黄ばんだ歯では、相手に与える印象や写真写りが全く違ってくるため、白い歯に憧れる方も多いでしょう。

 

最近では「ホワイトニング」という名が付いた歯磨き剤や、セルフホワイトニングなどの文字をよく見かけますが、安心してホワイトニングを受けるためには、やはり歯科医院で行うのがいちばんです。今回は、ホワイトニングを歯科医院で受けることによる重要性などを中心にお話いたします。

 

なぜホワイトニングは歯科医院で受けるべきなのか?

 

歯を真っ白にするホワイトニングに憧れて自分もホワイトニングをしたい、でも通うのは高いし面倒・・・とお思いの方は多いのではないでしょうか。確かにご自身が通う歯医者がホワイトニングを取り扱っていなかったり、費用が高い、通院が面倒と感じることはあると思います。確かにオフィスホワイトニングもホームホワイトニングもそれなりの費用が必要になります。

 

今のホワイトニングブームの波に乗り、「セルフホワイトニング」や「ホワイトニングバー」なる文字もよく見かけるようになります。こういった類のホワイトニングは歯科医院よりも敷居が低く、価格も歯科医院で行うホワイトニングに比べて安価であることから、「行ってみようかな」と言う気持ちになるのではないでしょうか。

 

またネット通販にはたくさんのホワイトニンググッズが販売されており、自宅で手軽にできるホワイトニングキットなどがつい目に行くと思います。

 

このように、歯科医院以外でもホワイトニングを受ける、または自分で行うことができる世の中になり、より身近にホワイトニングを感じることができるのではないかと思います。

 

しかしながら、こういった手軽にできるホワイトニングには注意すべき点が多々あるのです。そしてそれが思わぬトラブルに繋がってしまうことがあり、注意が必要です。

 

「ホワイトニングをしても大丈夫な状態かどうか」という確認の有無

 

歯科医院でホワイトニングを受けることが大切な理由は「ホワイトニングを行っても問題がないかどうか」という診断が必要だからです。歯の状態によってはホワイトニングができないからです。

 

例えば歯にヒビが入っている人や重度の知覚過敏がある方は、ホワイトニングができません。ホワイトニングの薬剤が歯に悪影響を与える可能性があるからです

 

また重度の歯周病や大きな虫歯がある方も、先にホワイトニングができない場合がほとんどです。無カタラーゼ症という疾患がある方も、ホワイトニングができません。

 

このような症状があるかどうかは、歯科医師の診断でしかわかりません。もし気付かずにホワイトニングを受けて後から重篤な影響が出てしまった場合、やはりちゃんとした歯科医院で受けるべきだったと後悔することになるでしょう。

 

セルフホワイトニングやホワイトニングバーでは歯科医師は常駐していないことがほとんどです。歯科医師の診断なしでホワイトニングを行い、後で万が一トラブルが起きた場合も、全て自己責任となるでしょう。

 

トラブルを未然に回避し、安全かつ確実に歯を白くするためには、必ず歯科医師の診断を受けましょう。そのためにも、歯科医院で受けなければいけないことをまず理解しておく必要があります。。

 

 

当院のホワイトニングについてはこちら

PAGE TOP

お問い合わせはこちら
アクセスはこちら
診療時間