型取りが苦手な人こそ、インビザラインがお勧め

2021年02月25日 09:30

 

歯科治療の中でも、型取りが非常に苦手という方は多いのではないでしょうか。印象材を盛ったトレイがお口に入ると思わず「オエッ」となると、型取りが恐怖の時間に感じることでしょう。

 

矯正治療においても、装置を作製する際に型取りが必要になります。しかも局部的な小さなトレーではなく、お口全体の型を取る大きなトレーで型取りとなると、それだけできっと憂鬱な気持ちになるのではないでしょうか。

 

インビザラインは、このような印象材を使った型取りの必要がありません。今回は、インビザラインの型取りの特徴を中心にお話いたします。

 

矯正治療に型取りは欠かせない

詰め物や被せ物を作るのに型取りは欠かせません。それと同じように、矯正治療にも型取りは必要です。その際、お口全体の模型が必要となり、それに合わせた装置が作製されます。嘔吐反射が強い方は、この型取りが大変苦痛な時間でしょう。

 

型取りが全く苦にならない方は何の問題もありませんが、嘔吐反射がきつい方は、お口の中に何か器具が入るだけで気分が悪くなることと思います。

 

しかし型取りが苦手だからと言ってると、いつまでも矯正治療を行うことができません。このような型取りが苦手な方にとって、インビザラインはその負担を大幅に軽減できるのです。

 

インビザラインの型取りの特徴とは?

インビザラインの型取りは、従来の印象材をトレーに盛った型取りではありません。「光学スキャナー」という器具を使ってお口の中を撮影します。特にインビザラインで使われる光学スキャナーを「iTero」といい。精密な型取りを行うことができます。

 

お口の中に光学スキャナーを入れ、歯の写真を撮影している間は当然口を開けたままにしておかなければいけませんが、上顎にトレイが触れたり、気持ち悪くなるようなことはありません。歯科治療や型取りが苦手な方にとって、光学スキャンを使った型取りは矯正治療を前向きに考えられる大きな材料となるでしょう。

 

また印象材がはみ出てお口周りが汚れてしまうこともありません。

 

そして何よりも、デジタルによる正確さと精密さは治療計画を立てるうえで大変大きなメリットとなります。インビザラインでは、スキャンした画像を即座にデータ化し、クリンチェックという専用のソフトを用いて歯の動きをシュミレーションすることができます。これはワイヤー矯正にはない大きな特徴です。

 

これまでは医師の予見だけで歯の動きを予測していましたが、クリンチェックを使った歯の動きをモニターで見ることができることで、矯正治療のモチベーションを上げることができるのは、矯正治療を行う上で非常に良いことと言えるでしょう。

 

 

インビザラインによるメリットは取り外し式というだけではありません。嘔吐反射が強い方でも気分が悪くなることなく、精密な型取りを行うことができます。

 

歯並びが悪くて矯正治療をしたいけど型取りがイヤ、とお考えの方は、光学スキャナーによる精密で正確なインビザラインを選択肢の一つとしていれていただくことをお勧めします。

 

 

当院のインビザラインによる治療はこちら

PAGE TOP

お問い合わせはこちら
アクセスはこちら
診療時間