小児歯科から入れ歯や予防歯科・・・ご家族のお口の健康をサポートします

歯科医の水汚染の問題と当院の対策について

みなさんは、歯医者さんの治療で使用する「水」について考えられたことがありますか?
うがいに使うコップの水や、歯を削ったり、洗浄したりするときドリルの先から出てくる水のことです。

歯医者さんのお水は雑菌だらけ!?

歯科医院の歯科用ユニット(診療台)の水は、「雑菌」だらけの場合があることが、1960年代から報告されてきました。

歯科用ユニットの水が、汚染されやすくなる理由に、

1. ユニットには、水道管からのゴミが入らないようフィルターがつけてあります。フィルターを通った水は、残留塩素がほとんどない(=殺菌力がない)「真水」に近い水になって流れています。
2.診療をしていない間(夜間なら長時間)、水はまったく動かないまま内部にとどまっています。診療中でも水の流れはとても弱いので、ホースの中に水アカ(=バイオフィルム)ができていることが1990年頃に、わかってきました。
3.歯の切削器具(歯科用タービンやエンジン)の水のふき出し口に付いた細菌が、ユニット内に戻ります。
4.うがいや治療の時に「歯がしみない」ように温水器がついていますので、細菌が増えるのに都合のよい温度環境にあります
ということがあります。

つまり、ユニット内では「他人の口の中の細菌が少し混ざった、雨水レベルの生水」が温められているわけです。

歯科用ユニットの水質について、アメリカの疾病管理予防センターのガイドラインによれば、「新しいデンタルユニット給水ラインを取り付けた後、5日以内に微生物数は最大20万コロニー(CFU)/mlに達することが研究によって示されており、そしてデンタルユニット供給水の微生物汚染レベルは最大100万コロニー(CFU)/mlであると報告されている。汚染レベルがここまでになるのは、デンタルユニット給水ラインに細菌増殖とバイオフィルム形成の両方を後押しするような要因(設計、流水、材質など)があるからである。

公衆衛生上の問題を示す疫学的な証拠はないが、デンタルユニット給水ラインにかなりの数の病原体が存在することは不安の種である。微生物学的な質が不明の水に患者や歯科医療従事者がさらされることは、健康上有害な影響が報告されていなくても感染予防原則に従っているとは言えない。」とアメリカでも対応しなければならない問題となっています。

日本でも今のところ、はっきりとした健康被害がでているわけでも、大きな問題になっているわけではありませんが、口をすすぐ水や、歯を削ったり歯石を取ったりするなどの治療に使う水は、きれいな水なほうがよくはありませんか。「雑菌を大量に含んでいる水」を細菌・ウイルスに抵抗力のないお子さんやご年配の方に、うがいや治療に使うと感染症の可能性がないとは言えないのではないでしょうか。

そこで当院では、「エコシステム」(エピオス社:日本製)を導入して、「中性電解殺菌水」を院内で生成し水道水に添加して、患者さんが口をすすぐ水や、治療で使う水細菌数を『0』にしております。
わが国の水道法の飲用水の基準値は、一般細菌数が100 CFU/mL以下ですから、当院の診療台のお水は、水道水以上にきれいなお水です。患者さんに使っていただく「うがい水」を法令に従い処理をして、「飲むことのできる水」ですと自信を持って言える歯科医院はまだ少数だと思います。

「中性電解殺菌水」は、ほとんどの細菌・ウイルスを瞬殺しますので、治療の時に飛び散る水(飛沫:ひまつ)も無害なものなります。これだけの殺菌力がありながら、食塩水を電気分解してつくられるものなので、そのまま排水されても環境に負荷をかけません。(時間がたつと「薄い食塩水」になります。) 歯科用ユニットの給水系の汚染対策には様々なものがありますが、強力な殺菌力で飛沫感染対策まででき、特殊な薬品を使うことがないので、飲むことができて、環境にも優しい給水システムは、海外製のものも含めて「エコシステム」が唯一ではないでしょうか。

公園通り歯科では「中性電解殺菌水」を使用しています

公園通り歯科では、歯科用ユニットの水を介しての院内感染に対する、唯一の根本解決法である、歯科用ユニット(診療用のイス)に殺菌水を流しています。また、治療に関わる「すべての水」に中性電解殺菌水を使用しております。

中性電解殺菌水とは?

中性電解殺菌水とは、高純度の食塩水に電気エネルギーを与えつくられた次塩素酸を主成分とする殺菌水です。
この水を歯科用ユニット(診療用のイス)内に流すことで、うがいに使うコップの水や、歯を削ったり、洗浄したりするときに使うすべての治療用の水が、安心できる安全な殺菌水となります。

殺菌力が高い!

HIV、MRSA、インフルエンザ、肝炎、黄色ブドウ球菌などほとんどの細菌、ウィルスを瞬時に殺菌できる最新の機能水です。

感染症が予防できる!

この中性電解殺菌水で連続殺菌消毒しながらすべての治療を行いますと、腫れることや痛みが残ることが少ないだけでなく、感染の心配がなくなります。

飲むこともできる!

中性電解殺菌水は細菌数ゼロの極めて衛生的な水であるだけでなく、優れた殺菌力を併せ持ち、同時に飲料水として飲むこともできる安全な水なのです。

強力なのに安全!

中性電解殺菌水の殺菌力が強力なのに安全なのは、主成分の次亜塩素酸(HCLO)が人間の体の免疫力(白血球)の殺菌力と同じものだからです。

次亜塩素酸(HCLO)について詳しくはこちらをご覧ください。(画像が開きます)

タンパク分解型除菌水による口腔内殺菌

当院ではさらに、治療前に患者さんにタンパク分解型除菌水による口腔内殺菌を行っていただき、衛生的に除菌された口腔環境を整えてから 治療を始めます。
このタンパク分解型除菌水による口腔内殺菌は、そのままホームケアとしても継続して頂くことをお勧めしています。 このタンパク分解機能水は、高純度の食塩水をもとに作られるもので、飲まれても無害なお水です。(食品添加物として認可を受けております。)
うがいをするとプールの様な臭いがします。これは、お口の中の汚れを分解している証拠です。どうぞ安心して20秒間しっかりすすいでください。

当院では治療に関わるすべての水に、中性電解殺菌水を使用しております

県内初!「歯科治療水安全施設」の認定を受けております

PAGE TOP

〒756-0814
山口県山陽小野田市千代町1丁目8-26
(セントラルホテル 1階です。)
公園通り歯科
TEL: 0836-39-6983

診療時間
殺菌水システムについて
今すぐネット受付
お問い合わせ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター
医院外観
お問い合わせはこちら
アクセスはこちら
診療時間